メニュー 閉じる

カテゴリー: ゼミ紹介

尾澤ゼミ説明会資料(オンライン実施)

ゼミ説明会資料(通学生用)を公開しています。

 尾澤ゼミオンライン説明資料(PDFファイル)

面談やゼミ見学は第一希望で提出を検討している学生(迷っている学生を含む)が対象です。第二希望以降で登録をする場合は、面談やゼミ見学は不要です。面談やゼミ見学では、皆さんの研究関心とのマッチングはもちろんですが、雰囲気や教員とのやり取りの仕方などを、体験してください。

面談やゼミ見学は、以下の予約システムで1−2日前まで受け付けます。面談やゼミ見学の予約は外部のシステム(reserve)を使用しています。

 尾澤ゼミ面談予約システム https://reserva.be/

予約時の個人情報は、面談目的でのみ利用し、終了後、削除します。予約システムの仕様上、電話番号を入力する欄がありますが、問い合わせ等で電話番号を教員が利用することはありません(適当な電話番号を入力しても構いません)。

2020年度 尾澤ゼミ紹介(通学生向け)

専門ゼミ・卒研ゼミ研究内容

(1) デザイン思考を用いた人の学びの支援
デザイナーがデザインを行うプロセスの応用を「デザイン思考 (Design Thinking)」と呼ぶことがあります。これを応用し、創造的で、協調的な「人の学び」の支援を目指します。

(2)学習における思いこみ(認知バイアス)に関する研究
人の学びを阻害する要因の一つに認知バイアス(Cognitive Bias)があります。認知バイアスの測定や克服方法について、認知科学や社会心理学の観点から検討します。

(3) 人の学びのプロセス(学習履歴)の可視化に関する研究
ソーシャルメディアの普及、人工知能(深層・機械学習)、センサー等の技術の発展により、人の学びのプロセスの高度な分析が容易になりました。これらデータの応用を目指します。

専門ゼミのテーマ・指導方針

【全体方針】学習環境デザインのための手法と理論を、個人・グループ活動を通して学びます。手法としては、試作品を迅速にデザインするためのプロトタイピング、観察法やインタビュー法を主に扱います。

学生の関心に応じて、映像編集、3Dプリンタ、レーザーカッター、Arduino を用いた物づくり、ワークショップやUX/UIの評価法を行います。デザイン論、参与観察法、アクションリサーチなどの授業と関係します。

【Project Based Learning】(1)デザイン思考を用いたプロトタピング (2)認知バイアスの基礎的理解 (3)学習プロセスの可視化、のうち、いずれか1〜2つを選択しプロジェクトに取り組みます。学習環境デザイン、教育工学研究法、情報社会におけるキャリアデザインなどの授業と関わります。

【その他】学期に数回、英語でのプレゼンテーションの機会を設けます。専門ゼミと卒業研究ゼミは原則、合同で行います。卒研ゼミと合同で、ワークショップ型の演習を4限の時間帯に行うことがあります。年に1回、eスクールや大学院との合同合宿(都内近郊)、地方や海外でのフィールドワーク合宿を行います。

専門ゼミ(2019年4月スタート)案内(第一報)

以下のように説明会、オープンゼミ、面談を実施します。

■説明会:2018年11月6, 13, 20日(火)12:30-12:50 100-210教室

■オープンゼミ:2018年11月15日(木)15:30-17:00 入退室自由。100-202教室

■面談:11月8, 15, 22日(木)12:10-14:00 メールでの事前予約制(前日まで。説明会参加者優先)
ozaken2019[at]ozaken.org  [at] の部分を@に変更してください。

皆さんの参加をお待ちしています!

卒業研究発表会を実施しました

2018年1月26日(金)、27日(土)に通学生、eスクール生それぞれ卒業研究発表会(口頭試問)を行いました。題目は以下の通りです。

卒業論文(2017年度卒業 7期生)(通学生)

  • 牛島 健太 「大学生の情報表現能力育成を目指したポスター作成支援に関する研究」
  • 田島 有紗 「グループディスカッションにおいて不安を低減し発言を促す支援に関する研究」
  • 橋本 巴瑠香 「顧客接点のないアルバイトの業務経験を通した成長に関する研究」
  • 丸井 遼史 「グループ学習における社会的手抜きについて学ぶワークショップデザインに関する研究」
  • 渡邊 美月 「自己分析におけるライフデザイン支援システムの開発」
  • 鈴木 綾香 「アルバイトで習得したコンピテンシーへの自覚を促す支援に関する研究」
  • 竹田 真菜 「職場の人間関係と組織コミットメントの関係に関する研究」
  • 長崎 千明 「関係性リーダーシップの要素を取り入れた協同学習ワークに関する研究」
  • 吉田 光希 「探究課題において大学生が 立てる問いに関する研究」

卒業論文(2017年度卒業 7期生)(eスクール)(教育コーチ:廣松ちあき)

  • 中田 直子 「大学通信教育課程を卒業した社会人の越境学習に関する研究」
  • 鈴木 真理子 「地域子育て支援センターにおける支援行動の体系化に関する研究」
  • 鍛冶 佳代 「職場におけるゆとり世代の特徴と分析」
  • 藤井 貴行 「介護人材の多職種協働を目的としたビジョンデザインワークショップの効果」
  • 岩舘 侑哉 「大学サッカーチームにおける大学生の経験と人間形成に関する研究」
  • 秋山 和枝 「大学生から社会人へのトランジションを促進するインターンシップの効果」
  • 小澤 佐知子 「外資系ブランド販売員を対象とした離職要因の分析と動機づけとの関係性」
  • 小林 文女 「学校外JTEがティームティーチングによって小学校外国語活動に与える影響」

尾澤の特別研究期間中(いわゆる在外研究、サバティカル)、通学生は望月俊男先生、eスクールは山田小百合先生にご指導を賜りました。記してお礼申し上げます。

専門ゼミ(学習環境デザイン)2018年度の募集について

尾澤ゼミ(学習環境デザイン)にご関心を持ってくださり、ありがとうございます。お問い合わせの際は、専門ゼミガイド及び、以下をご確認ください。

通学生の皆さんへ

特別研究期間中のため、現在、海外に在住しています。そのため対面での説明会や面談を実施せず、SkypeやFacetimeなどを用いて個別の面談を行います。以下をご覧の上、お問い合わせをお願いします。

  • 面談の期間は、10月27日(金)〜11月23日(木)です。
    ※締切間際の希望が多かったため、17日(金)から延長しました
  • 学部のルールに基づき、面談に参加しない場合、一次・二次登録は無条件で不合格となる場合があります。
  • 面談の日程調整にあたっては、ozaken2018 [at] ozaken.org まで電子メールでアポイントを取るようお願いします。[at] の部分を@に置き換えてください。
  • アポイントは本フォームからもできます(試験運用中)
  • 日程調整の都合、11月21日(火)以前に問い合わせをお願いします。
  • 面談をスムーズに進めるため、初回連絡の際、300字程度で自己紹介と研究関心を記してください。
  • 連絡漏れ等が生じるのを防ぐため、FacebookやTwitterからの問い合わせにはお答えしていません。
  • 11月17日以降の変更点】第2希望、第3希望の場合は、面談ではなく、メールのやりとりのみとします。第2希望、第3希望の場合でも、300字程度での自己紹介と研究紹介は必ず送付してください。

eスクールの皆さんへ

より適切な情報共有のため、eスクールでは問い合わせをくださった方に別途資料を提供しています。簡単な自己紹介や研究関心を記した上で、お問い合わせください。

  • お問い合わせは、メールアドレス ozaken2018 [at] ozaken.org までお願いします。[at] の部分を@に置き換えてください。
  • 本フォームからも問い合わせができます。

ご不明な点は、メールでのお問い合わせをお願いします。

オープンゼミ(11月17日)のお知らせ【通学生対象】

専門ゼミ・卒研ゼミ(学習環境デザイン)に関心を持っている皆さんを対象とした「オープンゼミ」を実施します。専門ゼミ、卒業研究ゼミ学生のポスター発表やデモが中心です。参加予約不要、入退室自由です。入室の際に受け付けをします。

日時:11月17日(金)11:00-13:00 (入退室自由・予約不要)
場所100-410 教室 ※教室変更となっています。ご注意ください。

※どなたでも参加ができますが、当日の会場ではeスクール専門ゼミのお問い合わせには対応ができませんのでご注意ください。

(過去の様子)

ポスター発表2015年度

ゼミ説明会のお知らせ(第2報)

尾澤ゼミ2017年度向け説明会を実施します(通学生対象)

11月15日(火)、24日(木)の12:15-12:45 に、ゼミ説明会を100-211教室で実施します。

なお、個別面談は、24日(木)3限の一部枠を除き、全て満席となりました。
説明会参加者に対してはメールでお答えしますので、お気軽にお問い合わせください。

ゼミ説明会の実施スケジュール(eスクール)

教員ガイドに示している通り、個別対応をします。
教員ガイドをご参照の上、メールでお問い合わせください。

オープンゼミ2016を実施しました

2016年11月10日(木)15:00-18:00 に、オープンゼミ(中間発表会)を実施しました。本研究室では、卒業研究発表は原則、ポスター発表形式で行います。今回のオープンゼミでも、全員がポスター発表形式で、研究の進捗を発表しました。当日は、卒業生ゲストやゼミ検討中の2年生、1年生をはじめ、たくさんの皆さんにご来訪いただきました。

ozaken20161110aozaken20161110b ozaken20161110c