メニュー 閉じる

2020年度の開講科目のご案内

2020年度は、早稲田大学人間科学部において、以下の3科目を主に担当します。新型コロナウイルス感染症に伴う全学方針にもとづき、全てオンライン(オンデマンド、リアルタイム授業)となります。

「情報社会におけるキャリアデザイン」「学習環境デザイン」「学ぶことの科学」いずれにおいても、リアルタイムでのやり取り(グループ学習、プロジェクト型学習等を含む)と、学生個人の活動(探究)を融合しながら、オンラインだからこそ実現が可能なプロジェクト型学習のあり方を模索します。

学習環境デザイン(金曜3-4限)(夏クォーター・2年生以上)
「学習環境デザイン」では、デザインシンキングやプロトタイピングの考え方を、これまで以上に授業に取り入れ、個人での活動と、ピアレビューを連携しながら進めます。プロトタイピングにあたっては、学習や教育に関わる経験のデザインだけでなく、新たなサービスや製品デザイン手法を取り入れます。

学ぶことの科学(金曜2限)(秋学期)
「学ぶことの科学」では、学習科学をはじめ、様々な領域で研究がなされている「学び」「学習」について探究をします。学校などでの「学び」だけでなく、企業組織における「学び」や「熟達」、日常生活における「学び」、スポーツや各種競技における「成長」など、広い範囲を扱います。ICTなどテクノロジを用いた学びの促進にも焦点を当てます。

「学ぶことの科学」は、eスクールでも秋学期に開講します。2019年度以降、eスクールで開講される科目は「学ぶことの科学」のみとなります。

情報社会におけるキャリアデザイン(金曜3-4限)(春クォーター・2年生以上)
「情報社会におけるキャリアデザイン」は、Amazon, Google, Apple をはじめとする情報系企業の事例と、自身のキャリア(将来の仕事や展望)について扱います。学期中盤以降は、プロジェクト型学習を導入し、デザインシンキングの手法を用いた新規ビジネス提案や、企業分析を実施します。

大学院は、秋学期に「学習環境デザイン特論」を開講します。

積極的に授業に取り組む学生の履修を期待しています。